2007年3月 トラン


 トランの警察署そばの三叉路で何か工事をしていたが、この頃になって円形の噴水のようだなと思っていたら、彫刻のような物が乗せられた、前日にはなかったのでどこかで製作された物を乗せたらしい、遠くから見るとギリシャあたりの彫刻のようにも見えるが近寄って見ればタイらしい( 最上段の物は)、下は人魚や亀がいてこれはタイか?と思うのだが、よくよく見れば人魚のヒレなどがもうすでにかけていたりして、うん、これはタイだと納得する物なのだ。

 

 

 ← 完成前だというのにもう壊れている、直すのかこのままか?

一週間後


 今度は馬を乗せている、ン、またギリシャか?と思ったが尾ひれが付いている、人間+馬(ケンタウルス)ってのは知っているが、馬+魚ってのはあったかな?
 よくわからん。

 

翌日

これは間違いなくトランです。

 


 トランの象徴ジュゴンです、大体これで全体像だと思われる。

ハジャイ

 

 マレーシアの東側の鉄道に乗ってみようと思いバスでハジャイへ、途中家の電気の消し忘れに気が付いた、どうしようかと迷ったが結局ハジャイで昼食後トランへ戻る。

 以前にも書いたがハジャイは過去ひどい洪水に見舞われていてその時の水位を表示したものが何ヶ所かあるが、色が塗ってあるのは初めて。

 赤線下は1988年、上は2000年の洪水で1.5mはあると思う。

この間のものでお仕舞いだろうと思っていたが、今日見たらなんとジュゴンが隙間なく置かれていました。

これで出来上がりらしい、
最上段からチョロチョロ水が流れ落ちていたり、夜にはチョットなさけなくライトアップされている。


0 件のコメント:

コメントを投稿