2009年7月 アントン ⇒ チェンマイ

Wat Muang
(アントン)

デカイ仏像、鏡張りの本堂、地獄と聞いて、行ってきましたアントンのWat Muang。
   こんなにデカイ!!              中は鏡だらけ!!!     パンチパーマ一個がこんなに大きい、1m程か?

 

 ← この人達を下から激写してみました。

            クリック! クリック!                大人が立っても、これくらい

San Jao Pho Lak Muang
(スパンブリ)

3年前に行った時に作っていた龍が完成していました、ポストも御当地物。
龍の中は博物館だそうで入場料がえらく高いと聞いていたので、閉館している事をいいことに、
入れないのが残念だと受付のお姉さんに強調しまくっておいた。
スパンブリ
Don Chedi Monument             340号線にあった「牛に注意」標識と水牛像ーーーーーーー
100年市場
(スパンブリ)

 スパンブリにある100年市場はある情報誌で知った所で旅の途中なので寄ってみました、思っていた程の事はありませんでした。本当に100年なのか薬屋のおばさんに尋ねたところ、うちのばあさんは93歳だからそれくらいは経っているだろうって答えでした。

100年市場はこちら        古そうな家です        懐かしの洗濯ばさみ        何なんだ?ーー    
バードパーク
(チャイナート)
タイ人価格で入場できたので良しとします、外人価格だったら怒ります。
サコンナコン
        時計台                     公園の龍              Wat Kiri Wong 
ピチット県の象徴はワニで、あちこちにこんなものが。
    ワニの神様?                時計台だってワニです         Bung Si Fai
何でワニなのか? 説明面倒なのでクライトーンとかチャラワンで検索してください。

他県ですがこんなのも↓ありました。
Wat Pho Pratap Chang
(ピチット)
Wat Rong Chang
(ピチット)
  Gold Textile Museum
(シーサッチャナライ、スコータイ)
101号線を北上中街道沿いにあった「ゴールド・テキスタイル博物館」
11号と1号線の交わる所にあったデカイ道標、こんなにデカイものを作る情熱を小分けにして、各地の標識を整備してくれー
ランパン                                    チェンマイーーーーーー
そして、ランプンを通り無事チェンマイ到着

0 件のコメント:

コメントを投稿