2007年5月 トラン、 一時帰国の為北上、タオ島

トラン

 たまたまトランの駅の線路に沿った道をバイクで走っていてふと目に入った車両が、京都やら東京行き、その前の車両は臨時列車だった、盛岡や仙台にも行く時があるのだが時刻表にないのでどこに行くかは乗ってみないとわからない、来週一時帰国のためこの列車に乗るのだがどこにつれていかれるのやら、ちなみに切符はバンコクまでしか買っていません。

 

 

 どういう経路で行くのか知らないがトランから「京都」や「東京」へ臨時列車が出るようになったらしい。

 


一時帰国

いよいよ一時帰国のため列車でトランを出発、今日の列車は静岡、盛岡、仙台行きそして「B寝台」だった。

 今回帰国前に3泊4日をバンコク周辺で過ごす事にしている、可能ならバンコク近郊の町に泊まりたいと思っていたので列車を降りるとまずまだ未訪問の サムットプラカーンの「ラク・ムアン」 へ行こうとホアランポン駅前のバス停へ、そこで宝くじ売りのおばちゃんにバスの番号をきいてパクナームへ。

 パクナームには行った事はないがラクムアンの場所はわかっている、市場のそばなのでバスの車掌さんにその辺で降ろしてくれるように言っておいた、車掌さんは運転手にその事を告げたようだ。
 宝くじ売りのおばちゃんが教えてくれた番号は25番で普通バス、途中渋滞のスクンビットを通り2時間程もかかって到着、それも運転手が忘れて市場前を通過してしまいそれに気付いた車掌が慌ててバスを止め て降ろしてくれる、目の前に時計台がありバスが来た道を少し戻った所でラクムアン発見。

 
← サムットプラカーンのラクムアン

サムットプラカーンの入り口(?)にある
巨大な象の像 →

 市場周りをホテルを探してぐるぐる歩いてみたがホテルはない、サムローの運ちゃん2人に聞いてみたがちょっと遠いらしい、サムローやバスで行くほどならバンコクへ帰った方がいいと思いまた25番の普通バスでバンコクへ帰る。

 

 バンコクへ帰ったのはいいが時間が潰せないのでバスでパトゥナームへ、運ちゃんタオルなんかで鉢巻して威勢のいいトラックの運ちゃんみたいな格好をしていた。


 次の日、ノンタブリへ行くかチャチュンサオへ行くか迷ったが、空模様もイマイチだしローカル列車でチャチュンサオへ行く事にする。
 途中列車の進行方向左から右へと飛行機が降りてゆく、さらに行くと右に円筒形(多分)のタワーのようなものが見える、飛行機はそちらに向かっているのでスワナプーム新空港らしい、地図もないしそれらの位置関係も知らないので定かではないが。
 結局チャチュンサオ手前から酷い雨で駅舎から出られないので、どうしようか迷ったが雨がやんでもカラリとはなりそうにないと思い、アランヤプラテート(カンボジア国境)からの列車でバンコクへ戻る事にする、バンコクもあまり良い天気ではなかった。

 翌日ボートでノンタブリへ、以前ラクムアンへは桟橋あたりからバスで行けると聞いていたがサムローの運ちゃん連中は無理、タクシーで行けと言う、でタクシーで行く事に、何だか見たような所だなと思っているうちに到着、以前泊まったホテルの近くで県庁だか市庁舎だかの入り口にあった、以前来た時に訊いていれば歩いてこれた所だ。
  その大きな通りにはバスも走っていてバンコクに行けるのだがわざわざ桟橋に戻って船でバンコクに帰ってきた。

 

 その船から見えるデカイ缶ビール、ここにビール工場があるのか? まさかチャオプラヤー川の水使ってんじゃないよな!!

 日本への一時帰国はエアーインディアしかし機材はTG、どういう風になっているんだか知らないが無事日本着になればよろしい、あんなに空いている飛行機には何年ぶりかで乗りましたね、一人一列(一席じゃない)なので皆さん横になって熟睡出来たと思います。

そして日本到着

こういうのとか            こういうのとか            こういうのを堪能
↓                    ↓                    ↓

          

横浜伊勢佐木町歩道にあった

 
タイへ戻った日の夕焼け、バンコク フォアランポン駅傍のホテルより


タオ島
 
日本への一時帰国からタイに戻りトランへ帰る前にタオ(亀)島へ
今回タオ島やトランなど海で遊ぶ事も今後多いだろうという事で防水デジカメを買ってきました。
海(水)面をバチャバチャするくらいの技量しかないのが残念です、それでもこんな↓写真が撮れました。





チュンポン駅の鐘 → 


0 件のコメント:

コメントを投稿