2005年7月 ピー・ター・コン

8日  今日から10日までの3日間ルーイ県のダンサイ村でピー・ター・コンという祭りがある、ちょっと変わったお祭りだと聞いていたので見に行く事に。
9日  朝7時発のロムサック行き普通バスでルーイを出発、80数キロの山道を2時間かけてダンサイ村へ到着、ゾロゾロと歩くタイ人観光客らしき人達の後についてゆく、10時の開会式を待つ、この辺の有力者の挨拶だの来賓の紹介だのがあり(←多分)貴賓席の前でタイダンスが始まる、そしてお待ちかねのパレード。
     
        
 
 
 
 
              
 

 

ピー達が被っているお面、頭の部分はもち米を蒸す道具で顔の部分は木製、簡易な物はボール紙の物もあった。

 

もっと見たい人はこちら

14日 タイ南部のラク・ムアンを写しに行くためバンコクへ
16日 バンコク18:20発のカンタン行き寝台列車でトランへ
19日 普通バスでパタルン、エアコンバスでナコンシータマラートへ
 パタルンのラックムアンはどうも違うような気がする、バイタクのあんちゃんも、そこにお参りに来ていた人もここだと言うのだが、中には普通の仏像が祭られていた。
20日 ミニバスでスラタニーへ
21日 エアコンバスで西海岸のタクアパ、そしてラノンへ
 スラタニーからタクアパそしてラノンへの道はタイ北部の山道程の事はないがなかなかのもの。
22日 エアコンバスでチュンポン、普通バスでパチュアップキリカンへ
23日 エアコンバスでペブリへ
 
ペブリで頑張る「赤帽」さん

 


ペブリの歴史公園周りにはサルも多いが
街には犬が多いことにビックリ。
この写真撮影直後に一斉に吠えられマジびびった。
24日 エアコンバスでサムッドソンクラーン、列車でサムッドサコンへそしてエアコンバスでバンコクへ
  サムッドソンクラーンの駅(駅名はメークロン)へ行ってみた、
バンコクのウォンウェンヤイ駅と同様な感じだがもっと密度が濃いような気がする。
      
  入って来た列車の行き先表示板を見るとメークロンとバーンレムを往復しているらしい、
訊いてみるとバーンレム駅はサムッドサコンだというので列車で行く事にする。
  ┌─ この駅とこの駅を往復している─┐
↓                                                 ↓
                     
 

一日4往復しているらしい、一度乗ってみるのも面白いと思う。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿